Categories

製品

IBM SPSS Categories

オプション製品です。
稼働のためには、必須ソフトである「Statistics Base」が必要です。

主な分野や手法

分かりやすいバイプロットと知覚マップを使用して、データの関係を把握できます。
多変量カテゴリ型データを視覚化して探索し、大規模は2次元・多次元に含まれる情報を理解しやすくします。
主成分分析で作成された成分ごとに、成分を構成している「重み付けをした観測変数」が分かり、これを視覚的にわかりやすくした「コレスポンデンス分析」が行えます。

主なライセンスの種類

その他の種類のライセンスを希望する場合は、お問合せ下さい。

保守

初回購入時に初年度分の保守サポート費用は含まれており、更新手続きを行う事で、次年度以降の保守サポートを維持・継続できます。
※ライセンスによりますので、詳しくはお問合せ下さい。

製品のバージョン

最新バージョンは「28」になります。
※ダウンロード納品の場合、出荷時点での最新バージョンが納品されます。
※DVDメディア納品の場合、「26」で納品されますので、インストール後、ご自身で「28」へバージョンアップしてください。
(新規ライセンス購入の場合、初年度分の保守サポート費用が含まれておりますので、無償バージョンアップの権利があります。)

価格-2021年5月27日現在

許可ユーザライセンスでの<IBM社定価>をご紹介しています。
※ご利用状況によりライセンスの種類は異なりますので、詳しくはお問合せ下さい。

【IBM社定価】ライセンス代
教育機関/臨床研修医指定病院など
73,000円(税込 80,300円)
一般企業/一般病院など
182,400円(税込 200,640円)
自治体/官公庁など
155,100円(税込 170,610円)
【IBM社定価】DVDメディア(1枚)代
16,100円(税込 17,710円)

DVDメディア納品の場合、オプション製品は『Statistics』として1枚のメディアにまとめて納品されます。

連絡先

使用したい製品が決まっている場合などは、御見積依頼フォームよりご連絡ください。
SPSS専用見積依頼フォーム

用いる分析手法に対しどの製品を使用したらよいかわからない場合は、その旨をお問い合わせフォームより「問い合わせ項目」を選択してご相談ください。
※少々お時間を頂く場合がございますが、仕入れ元を通じ、必要な製品について確認の上ご案内いたします。その上で、見積をご依頼ください。
お問い合わせフォーム

関連記事一覧